12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

家計のやりくり

HOUSEHOLD

貯まる秘訣は 「貯金の先取り」にあり!

貯まる秘訣は 「貯金の先取り」にあり!

「なかなかお金を貯められない」と悩んでいるあなた。もしかしたら、月々余った分を貯金しようとしていませんか? 日々出費が重なるなか、お金が残るのを待っていては、いつまでたっても貯金は増えません。ここでは貯める分を先取りして、しっかり貯金していくテクを学びましょう。

「余ったお金=貯金」がダメな理由とは?

「余ったお金=貯金」がダメな理由とは?

お金に余裕がある家庭はさておき、日々の出費だけで収入が飛んでしまうという人も多いと思います。このため、余ったお金で貯金をしようと思っていると、いつまでたってもお金は余らず、当然貯金も増えません。収入が増えたらお金が余るかというと、実はそうでもないのが現実。結局は支出が増えてしまい、お金はなかなか余らないことも。

手取り収入の10~20%を先取りしよう

手取り収入の10~20%を先取りしよう

確実にお金を貯めるための最良の方法は、収入から貯金分を先取りしてしまうことです。片働き家庭で手取り収入の10%、共働きの家庭で20%程度を目標にし、収入から先に引いてしまいます。ここでのポイントは、自動的に貯蓄が先取りされる仕組みを作ってしまうこと。

たとえば大手都市銀行には、指定日に指定額を自動的に普通口座から貯蓄口座に振り替えてくれる自動振替サービスがあります。これを利用すれば、毎月一定額が自動的に貯まっていくので便利です。

また、勤務先で社内預金や財形貯蓄などを利用できるなら、これを活用するのも手。毎月一定額が給与から自動引き落としされるので、確実に貯まります。

まずはいくらくらいを目標に貯めるべき?

まずはいくらくらいを目標に貯めるべき?

貯金を始めるときに悩むのが、どのくらいを目標にするかということです。あまり大きな目標を設定しても、実現できずに諦めてしまいがち。そこでまず、年収の半分くらいを目標にしてみてはいかがでしょう?

たとえば年収が300万円の家庭なら、150万円が目安。これくらいの蓄えがあれば、ふいの大きな出費にもある程度対応することができますし、万一世帯主がリストラなどにあってしまったときも、再就職まで何とか持ちこたえることができます。ある程度の貯まったら、マイホーム購入や教育費など、目的別の貯金も計画的にスタートしてください。

関連記事

もっと見る

セミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら