12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

保険の見直しや基礎知識

Learn the insurance

保険の見直し、どこに相談すればいいの?

保険の見直し、どこに相談すればいいの?

保険を見直したいと思ったとき、どこに相談すればいいのでしょうか。保険会社の営業や保険代理店など選択肢がたくさんあって迷いますよね。

まずは保険の見直しの目的を整理しよう

保険相談に行く前に、まずは見直しの目的をはっきりさせておく必要があります。複雑そうに見える保険の見直しですが、次の3ステップで考えてみてください。

①なぜ保険に入るのか

保険には死亡保険金を受け取れる生命保険や病気・ケガで入院給付金を受け取れる医療保険など、さまざまな商品があります。死亡時の経済的リスクに備えたいのか、 病気・ケガのリスクに備えたいのか、あるいは老後資金・介護など長生きのリスクに備えたいのか明確にしておきましょう。

②誰のために保険が必要なのか

次に、配偶者や子どもといった家族のために保障が必要なのか、自分自身を守るために必要なのかを確認しましょう。自分に万一のことがあった時、 遺された家族が生活に困らないためなのか、入院したときの自分のお金が心配なのかで必要な保険は変わってきます。

③いくらの保障が必要なのか

自分に万一のことがあった時、いくら保障があれば家族が生活に困らないのか、生活費・子どもの教育費などから、遺族年金・貯蓄などを差し引いて、 必要保障額を計算してみてください。計算の仕方がよく分からないという場合は、保険相談窓口でプロに確認するといいでしょう。

保険の見直し相談ができるのは大きく分けて4つ

保険の見直しの目的を整理したら、保険相談に行きましょう。保険相談窓口は、大きく分けて次の4つがあります。

  • 保険会社の営業
  • 銀行の窓口
  • 保険代理店
  • インターネット

それぞれ特徴が異なり、メリットとデメリットがあります。自分に合った窓口を見つけるために、順を追って見ていきましょう。

<見直し相談先1:保険会社の営業>

保険会社の営業マンに保険相談をするメリットは、商品について詳しいということです。実際に保険金を請求されたお客様の話を聞くことができる場合もあります。 デメリットは、ひとつの保険会社の保険しか取り扱っていないことです。複数の保険会社の商品を比べたいときは、何人もの保険会社の営業マンと会わなければならず、 手間と時間がかかります。

<見直し相談先2:銀行の窓口>

銀行の窓口で相談するメリットは、複数の保険会社の商品を扱っているので、比較検討ができるということです。保険相談専門の窓口があったり、 ファイナンシャルプランナーが常駐している銀行もあります。デメリットは、銀行の窓口が開いている時間帯しか利用できないことです。 平日の昼間に休みがとれる方なら問題ありませんが、土日休みのサラリーマンやOLは来店することが難しいでしょう。

<見直し相談先3:保険代理店>

保険代理店に相談した場合も、複数の保険会社の商品から選ぶことができます。保険の専門店なので、保険に詳しいプロから最適なプランを提案してもらうことができます。 土日も営業している店舗が多いため、土日休みの人でも利用しやすいのが特徴です。デメリットは、ひとつの保険会社の商品しか扱っていない「専属代理店」も存在することです。 複数社の保険を比較したい場合は、事前に「専属代理店」でないか確認してから来店する必要があります。

<見直し相談先4:インターネット>

インターネットで保険に加入するメリットは、保険料が抑えられていることです。人件費がかかっていないので、その分保険料に反映された商品になっています。 また、保険の営業マンにしつこく勧誘されるということもありません。デメリットは、自分に合った保険が分かりにくいということです。 専門家に相談することができれば、自分に適した保険を提案してもらうことができますが、インターネットで探すとなると、すべて自分で勉強しなくてはいけません。

目的・タイプ別!おすすめ保険相談先

入りたい保険や保険会社が決まっている人は…

  • 保険会社の営業
  • インターネット

がおすすめです。

すでに自分で保険商品のことを調べ、入りたい保険が決まっている場合は、その商品の話だけ聞くことができればOKなので、 保険会社の営業マンやインターネットで加入すれば手間がかかりません。とくに専門家の意見は聞かなくても大丈夫という場合は、 インターネット契約で商品を選ぶとよいでしょう。

複数の保険会社の商品を比較したい人は…

  • 銀行の窓口
  • 保険代理店

がおすすめです。

どちらも複数の保険商品の中から保険に詳しいプロが最適な保険を選んでくれます。保険のことがよく分からない、自分でいろいろ調べるのは手間だという方におすすめです。

保険相談に行くときは、まず最初に保険の見直しの目的を整理することがポイントです。なぜ、誰のために、いくら保険が必要なのか。その3ステップを忘れないようにしてください。そのうえで、どの窓口が自分に合っているのか確認し、相談するようにしましょう。
窓口でプロに相談する場合は、疑問点はすべて聞くようにし、不安を解消してから保険加入を検討するようにしてくださいね。

関連記事

もっと見る

セミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら