0120-0941-25 12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝)
無料相談予約をする

保険の見直しや基礎知識

Learn the insurance

就業不能保険の比較方法

就業不能保険とは

就業不能保険とは

就業不能保険は、病気やケガで長期間の入院や在宅療養をせざるをえない就労不能状態のときに、 毎月お給料のように給付金を受け取ることができる保険です。長期療養で職を失ったり、仕事を休まざるを得ず、 収入が途絶えた状態でも、医療費や家族の生活費をはじめ、家族の毎月の支出は続いていきます。 入院や手術による支出に備える医療保険ではカバーしきれない、収入減に備えるのが就業不能保険です。 保険会社によっては、就業不能保険、所得保障保険と呼ぶ場合もあります。間違えやすい保険種類に収入保障保険がありますが、 収入保障保険は、例えばご主人が亡くなられた場合に、残された家族の生活を保障するための保険。一方、就業不能保険は、 ご主人が働けなくなった場合の生活を保障するための保険です。医療保険や生命保険ではまかないきれない 月々の生活費・ローン・教育費などの支出に備えることで、お給料がもらえない期間でも家族の生活をサポートできるのが 最大の特徴といえるでしょう。

おすすめしたい方

会社に勤めている場合は、会社の有給休暇や健康保険等、就労不能の状況になった場合には国や健保から補償されています。 ところが、会社の経営者や自営業者などの場合こうした補償はなく、所得の減少がすぐに生活に影響します。 就労不能期間が長期に渡った場合の経済的負担はかなりのものでしょう。こうしたことを考えると、 就業不能保険は特に個人事業主におすすめといえるでしょう。また、近年うつ病などで就業できない場合も増えていますので、 会社員でもこうした状態が長期化した場合を想定すると、就業不能保険は大きな助けになります。ほか、住宅ローンを返済中の人にも。 通常、住宅ローンを組む際にはローン契約者が死亡・高度障害状態となった場合に残りの住宅ローンを返済するための 団体信用生命保険(団信)に加入しますが、団信ではほとんどの場合、長期入院や在宅療養は保障の範囲外。収入が途絶えていても、 住宅ローンの返済や日々の生活費は必要。就業不能保険で保障を用意しておけば、万が一の時も安心です。

商品の傾向

就業不能保険は、就労不能期間の収入を補うことを目的として、就労不能状態になった場合にあらかじめ設定した保険金額を受け取ることが できる保険です。保険金は医療保険のように1日いくらではなく、1カ月いくらと設定します。また、就業不能保険は就労不能状態になってから、 何日間か保険金が支払われない免責期間があります。就業不能保険は、この免責期間が設定されている場合が大半で、 免責期間を超えても就労不能状態が続いていることが、保険金支払いの条件となります。

就業不能状態とは、次のいずれかに該当する状態をいいます。

  • (1)病気やケガの治療を目的として、日本国内の病院または診療所において入院している状態
  • (2)病気やケガにより、医師の指示を受けて自宅等※で在宅療養をしている状態

※「自宅等」は、日本国内に限ります。また、老人福祉法に定める有料老人ホームおよび老人福祉施設ならびに介護保険法に定める 介護保険施設等を含みます。

【在宅療養とは】

病気またはケガにより、医師の医学的見地にもとづく指示を受けて、軽い家事(注1)および必要最小限の外出(注2)を除き、 自宅等で、治療に専念することをいいます。なお、軽労働または座業(注3)ができる場合は、在宅療養をしているとはいいません。

(注1) 簡単な炊事や衣類程度の洗濯等のことをいいます。

(注2) 医療機関への通院等のことをいいます。

(注3) 軽労働とは梱包(こんぽう)、検品等の作業のことをいい、座業とは事務等のことをいいます。

そのほかの保険タイプの比較方法

関連記事

もっと見る

おすすめのマネーセミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら