0120-0941-25 12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝)
無料相談予約をする

保険の見直しや基礎知識

Learn the insurance

女性保険の比較方法

女性保険とは

女性保険とは

女性特有の病気に備え手厚く保障するのが女性保険です。女性保険は、女性特有の疾病以外のけがや病気にかかったときでも、 入院給付金や通院給付金などが受け取れますが、女性疾病にかかったときには、一括でまとまった給付金や、 通常の入院給付金よりも高い給付金など、手厚い保障が受けられます。子宮筋腫や子宮内膜症、乳がん、子宮頸がん、 子宮体がんなど女性特有の病気は決して少なくありません。早期発見で完治するものも多いですが、 自分が病気になってしまったときに入院費、手術費が保険で保障されていれば、お金のことは気にせず、 安心して治療に専念することができるでしょう。商品によっては、出産に関する手術給付金を保障しているものあります。 たとえば、帝王切開などは入院日数も長くなりがちで入院費用も多くかかりますから、保障を考えておくといいかもしれません。 このように、保険商品ごとに保障範囲は異なるため、自分に必要な保障は何かを十分に検討した上で女性保険を選びましょう。

女性保険をおすすめしたい方

女性保険は、乳がんや子宮筋腫など女性特有の病気と診断された場合には、一括でまとまった給付金や、 通常の入院給付金よりも高い給付金が支払われます。このような女性特有の病気は女性なら誰でも心配ですから、 保険に加入しておけばいざというときに心強いでしょう。たとえば、1人で子どもを育てている母子家庭のお母さんが 女性特有の病気にかかり、入院や手術をしなければならなくなった場合には、その間仕事は休まなければなりません。 入院や手術費用などまとまったお金が必要ですが、女性保険に加入しておけば、給付金が支払われるために安心して治療することができます。 保険会社によっては、健康だった場合何年かごとにお祝い金が受け取れるタイプや、女性特有の病気以外にも生活習慣病も 保障してくれるタイプのものもあります。女性保険を検討する場合は、いくつかの保険会社の内容を比較してから決めるといいでしょう。 また、現在妊娠している人は、保険会社に保障内容を制限されたり、加入を断られたりする可能性があるのでご注意ください。

女性保険の商品の傾向

女性保険は、10年間などと保険期間が定まっている定期型と、一生涯を保障する終身型があります。 終身型は将来に備えることができますし、定期型は一定期間、割安な保険料で充実した保障を得ることが可能です。 また、一定期間ごとにボーナスがもらえる商品や、女性の健康上の不安に応える相談窓口がある商品などもあり、 女性のライフスタイルに合わせた保険になっています。通常の医療保険のなかでも、女性疾病特約を付け加えることで、 女性特有の病気を手厚く保障してくれる商品もあります。保障の対象となる主な女性特定疾病は、妊娠・出産時の帝王切開、 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)、子宮外妊娠、流産、乳がん、乳腺症、子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣がん、卵巣機能障害、 チョコレートのう胞、関節リウマチなどが挙げられます。子宮筋腫などは20代、30代の独身女性でもかかる可能性がある病気なので、 女性保険で保障を得ておくのは安心ですね。

そのほかの保険タイプの比較方法

関連記事

もっと見る

おすすめのマネーセミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら