12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

家計のやりくり

HOUSEHOLD

先輩カップルはどうだった? 新生活にかかるお金、こう考えよう!

先輩カップルはどうだった? 新生活にかかるお金、こう考えよう!

めでたくゴールインして、いよいよ新婚生活が始まるカップル。これから長く続くふたりでの生活に向けて、幸先のよいスタートを切りたいですよね。新生活を迎えるに当たって、お金の面でつまずかないための心構えをご紹介していきます。

最初はお金がかかるが、じきに落ち着く

新生活を始める時には何かとお金がかかります。例えば引っ越し、家具・家電やその他の備品の購入、また結婚式のお祝い返しなどが挙げられます。2016年度のリクルートブライダル総研の調査によると、新生活の準備に向けた費用に関して、上記のような出費を合計して、全国平均で72.3万円かかったというデータが出ています。結婚式にも多くのお金がかかる上で、さらに新生活でもお金がかかることはあらかじめ予定に入れておくことが肝心です。

しかし大きくお金がかかるのは初めのうちで、じきに落ち着いてきます。結婚をして同じ家に住むようになれば住居費や光熱費が一つになりますし、食事も一緒に自宅で食べることが多くなるため、外食費用も減るからです。ふたりになっても、生活費は倍増ではなく1.5人分だと考えればいいでしょう。このように、1人暮らしの時にはお金を貯める余裕がなかったカップルでも、自然と出費は減るものです。ですから新生活のお金について、過度に不安を抱える必要はないのです。

ふたりでも生活費は1.5人分

結婚すると貯金がしやすくなる

先輩カップルはどうだった? 新生活にかかるお金、こう考えよう!

新婚生活の正しいお金の使い方

とはいえ、節約できた分をそのまま消費するお金に回してしまうのは賢い夫婦とは言えません。これから新しく家や車を購入したいのであれば、さらにお金が必要になります。また子どもができればそのための教育費などが必要になります。将来を見据えてふたりでお金の使い方、家計についてしっかり考えておくことが重要です。

具体的な家計の配分については、固定費(保険、光熱費、住居費など)は40%、その他変動費(生活費、お小遣いなど)を40%、残り20%を貯蓄に回すことが理想的と言えます。もしも将来、専業主婦(主夫)になるケースを想定するなら、もう少し貯蓄割合を増やしておいた方がいいでしょう。

また計画的にお金を貯めるには、あらかじめ給与から天引きすることをおすすめします。口座にお金が入っていれば、つい使ってしまうこともあり得ます。そうならないように、しっかりと貯蓄口座を作っておき積み立てることが大切です。お互いの収入からそれぞれ貯蓄分を天引きして、さらに決まったお小遣い分を引き、余った分を家計の口座に回すという方法を基本的なお金の流れにするといいでしょう。

気になるお小遣いの額ですが、理想的な額は「ふたりの家計収入の10%程度」が理想です。例えばふたりの手取りが30万円であれば、その10%の3万円を目安にふたりで配分しましょう。収入の額だけで決めると揉めてしまう場合もあるので、しっかりと話し合いその配分方法を決めることが大事です。そして月末には、予算通りに収まったか、収まらなかった場合には今後どうすればいいかということを、振り返る時間も作りましょう。

また節約術も覚えること。例えば携帯電話の家族割りや、ポイントカードの共用、固定費をまとめてクレジットカード払いにするといったことなど、小さなことでもコツコツ積み上げていけば、日々の生活、将来をよりゆとりのあるものにできます。

大切なのはふたりでしっかり合意すること

ここまで新婚生活におけるお金のことをお伝えしてきましたが、一番大切なことは、ふたりで家計についてしっかりと話し合い合意をすることです。夫婦で一緒に生活を始めれば、環境の変化に伴いお金の使い方も変えなくてはなりません。独身の頃と同じままでは、双方に不満が出てしまいます。

特にお互いのお財布事情については、隠すことなく正直に話し合うべきです。収入や加入している保険といったことはもちろん、借金やローンについても共有しておきましょう。例えば奨学金の返済が残っているといった場合にはオープンにして、今後返済をどうしていくのか、一緒に考えましょう。

お金が原因で夫婦仲が悪くなることは、珍しくありません。ですから新たな生活をスタートする機会にまずはしっかりと家計について話す機会を持ちましょう。そして細かなことでも合意を積み重ねることが、夫婦仲良く過ごしていく秘訣(ひけつ)なのです。

関連記事

もっと見る

セミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら