フリーダイヤル 0120-0941-25 12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝)
無料相談予約をする

新婚夫婦の生活費はどれくらい? 今からできる節約・貯蓄のコツ

新婚夫婦の生活費はどれくらい? 今からできる節約・貯蓄のコツ

もうすぐ結婚、そして始まる新婚生活。楽しみな半面、初めてのことばかりで少々不安も感じるのではないでしょうか。その中でもお金に関することは特に心配かもしれません。

  • 今まで実家暮らしだったから家計管理をしたことがない
  • 1人暮らしだったから自分のお金のことしか考えていなかった
  • 新婚生活が始まったら節約を意識した方がいい?

こうした不安を解決するために、新婚夫婦の生活費はどれくらいかかるのか、平均や内訳を解説します。

また、上手なやりくりで貯蓄するコツや、節約のポイント、さらにはふたりのライフプランのシミュレーションについても見ていきましょう。

新婚夫婦の生活費

新婚夫婦の生活費

新婚生活を始めるに当たり、毎月どのくらいの生活費がかかるのでしょうか。平均費用やその内訳を見てみましょう。

新婚夫婦の生活費:平均はどれくらい?

リクルートブライダル総研調べ「新生活準備調査2016」によると、新婚夫婦の1月当たりの生活費平均は約22万円でした。

新婚夫婦の生活費:内訳はどうなっている?

生活費全体の平均は分かりましたが、その内訳も確認しておきましょう。

内訳 金額(平均)
住居費 7.9万円
食費 4.1万円
光熱費・通信費 2.2万円
保険料 2.2万円
被服・理容費 1.6万円
交際費・趣味・レジャー費 2.6万円
その他生活費 2.9万円

参考までに、地域別でも見てみます。

内訳 首都圏
平均金額
東海
平均金額
関西
平均金額
住居費 8.7万円 6.3万円 7.3万円
食費 4.2万円 3.6万円 4.1万円
光熱費・通信費 2.2万円 2.5万円 2.2万円
保険料 2.1万円 2.2万円 2.2万円
被服・理容費 1.8万円 1.4万円 1.5万円
交際費・趣味・レジャー費 2.6万円 2.4万円 2.6万円
その他生活費 2.8万円 2.4万円 3.4万円

出典:ゼクシィ新生活準備調査2016

結婚してふたりで生活を始める前に一度、必要なお金には何があるかを出し合ってみることをおすすめします。
この作業をすることで、お互いが生活する上で「何にお金を使うべきと考えているか」が分かります。

お財布は1つ? それとも2つ? お金の管理はどのようにするのがいい?

貯金を成功させるコツとは?

結婚したら、家計をどのように管理するか、というのも悩みの種です。また、入ってくるお金を夫婦で一元管理するか、それぞれで管理するかという問題もあります。さまざまな管理方法とメリット・デメリットを知っておきましょう。

財布を1つにするパターン

共働きの場合でも、どちらか一方が働いている場合でも、得られた収入を全て1つの財布に入れて管理する、という方法です。

この方法のメリットは、

  • 全ての収入をまとめて管理するため、お金のことについて話し合う機会が増える
  • 収支が分かりやすく今後の貯蓄計画等の話も進めやすい

デメリットとしては、

  • お金の使い方や貯蓄に対しての意見が合わない場合がある

財布を1つにする場合、お金の使い方について結婚前にしっかり話し合っておく必要がありそうです。また、共働きの夫婦が、産休・育休などにより片方の収入が減る場合、どのように生活していくかもふたりで話しておきましょう。

財布を2つにわけるパターン

夫婦がお互いに額を決めて、毎月定額を出し合うというパターンです。あくまでも自分の財布と相手の財布は別と考えるので、夫婦で財布を2つに分けていることになります。

この方法のメリットは、

  • 収入が少ない方の負担を減らせる
  • 出し合っているお金以外は自分のお小遣いとして自由に使える

というものですが、デメリットもいくつかあります。

  • どちらかの負担が大きくなる場合がある
  • 定額を支払い、残ったお金を全てお小遣いにしてしまうと、貯蓄が思うように増えない可能性もある

これらのデメリットを防ぐために、毎月の予算について話し合い、その月に使う金額を事前にある程度はっきりさせておくのもおすすめです。また、使うお金だけでなく、どのように貯蓄を増やすかも話し合っておきましょう。

一般の新婚夫婦の割合

参考までに、「新婚生活実態調査2018」(リクルートブライダル総研調べ)によると、夫婦の家計管理方法は以下のようになっています。

  • 家計共有型(財布を1つにするパターン)……86.8%
  • 家計独立型(財布を2つに分けるパターン)……9.8%

また、家庭別で家計管理方法の割合を見てみると、

共働き家庭 専業主婦(夫)家庭
家計共有型 83.6% 92.9%
家計独立型 14.2% 2.2%

専業主婦(夫)家庭と比較すると、共働き家庭の夫婦は生活費を独立させ、ライフスタイルにおいてお互いのプライベートを尊重する傾向がやや強いことが分かります。

上手に節約しながら貯蓄するコツ

家計管理の方法を知ったところで、次はどのようにして貯蓄を増やしていくかです。上手に節約しながら貯蓄する方法はあるのでしょうか。

新婚夫婦の毎月の貯蓄額はどれくらい?

まずは、新婚夫婦のみんなは毎月どれくらい貯蓄しているかを見ていきましょう。

1ヶ月当たりの貯蓄額

出典:ゼクシィ新生活準備調査2016

平均は9万円でした。

また、1年当たりの貯蓄額は割合が多い順から、

  • 100万円以上150万円未満……25%
  • 50万円以上100万円未満……24%
  • 50万円以上未満(0を含む)……17%

平均は129.4万円でした。

新婚生活が始まったら、いつから貯蓄を意識する?

リクルートブライダル総研「新生活準備調査2016」で調査対象になった新婚夫婦のうち、55%が結婚を機に新たに貯蓄を始めたと回答しています。

貯蓄を始めた時期の多い順から見ると、

  • 挙式の1ヵ月後……28%
  • 挙式の7ヵ月以上前……21%
  • 挙式の6ヵ月前……11%

貯蓄を始めた時期の平均は挙式の2.5ヵ月前でした。平均で見ると、挙式よりも前に貯蓄を始めた人が多いことが分かります。

新婚生活では、毎日の生活費以外にも、両家顔合わせ(婚約食事会)費用や新生活準備費用、挙式費用、新婚旅行代など、この時期ならではの多額な出費も続きます。

こうした新婚夫婦ならではのイベントもありますが、この先も子育てや住宅購入などでお金は必要になるので、より早い時期から貯蓄を意識しておけるといいでしょう。

新婚時代にできる貯蓄のコツ①「固定費」

新婚時代に、より多く貯蓄するためにはコツがいります。

一番に見直してほしいのが、毎月の支払いに大きく影響する固定費です。

保険料

何年も支払っているけれど、特に意識をしていないという人も多いのではないでしょうか。結婚は保険を見直すいいチャンスかもしれません。

  • 保障の見直し……必要以上に保険金額を多く設定している場合は、減額することで保険金額を下げることができます
  • 保険料の見直し……同じような保障内容でも、保険料が低い商品もあります。乗り換えて毎月の保険料負担を軽減することができます
  • 貯蓄型の保険の検討……終身保険や学資保険、個人年金保険など、貯蓄性の高い保険もあります。銀行で貯蓄するよりも利率が良い場合もあり、計画的に資産を増やすことも可能になります

ですが、今加入している保険の内容を確認して、新しい商品を探すという作業は自分たちだけでは難しいかもしれません。保険の見直しをするならば、専門家に相談してみましょう。

通信費

通信費も節約できる可能性があります。特によく使うスマホ代について見直してみましょう。

  • プランの見直し……データ通信量を毎月残してしまうという人はプランを変更することで数百円~数千円の節約ができます。また家族割引などが適用できる場合もあります
  • 不要オプションの解約……「電話かけ放題」「留守番電話」など使わないオプションの解約で、月に数百円の節約に。
  • 有料アプリの解約……使っていない有料アプリがあれば、解約で月に数百円の節約ができます。
  • 大手携帯会社からの乗り換え検討……安価で利用できるスマホに変更することで、料金を月2000~4000円にすることができます

知っていても、変えなければいつまでも節約にはつながりません。「実践すること」が最大のポイントですね。

新婚時代にできる貯蓄のコツ②「食費」

食費も見直してみてはいかがでしょうか。特に外食が多い人は要注意です。夫婦で1回外食するだけで数千円ものお金がかかります。1回5000円の外食ならば、月に5回行くと2万5000円です。

外食費を減らすために、なるべく自炊をするようにしましょう。毎日の自炊の負担を減らすためには作り置きをする、電子レンジなどの調理家電を使う簡単レシピを把握しておくことも大切です。

新婚時代にできる貯金のコツ③「光熱費」

光熱費も見直せる点がいくつかあります。小まめに電気を消す、無駄に水道を使わないということも大事ですが、使っている家電のチェックもしてみましょう。

資源エネルギー庁の「省エネ性能カタログ2017 冬」によると、液晶テレビ40V型の年間電気料金は以下のように変化しています。

年間電気料金
2007年 5832円
2010年 4212円
2016年 2214円

新しい家電ほど、電気料金が安くなっているのが分かります。古い物を大切に使い続けるのはいいことですが、節約の観点から見ると、新しい物に買い替えた方がお得といえます。

自分たちにぴったりのライフプランシミュレーション

新婚夫婦の生活費

どの項目が節約できるか、反対に減らしてはいけない項目はあるか、そして貯蓄する方法など、夫婦のお金に関しては考えることやふたりで決めておくべき点が多くあります。

まず始めは、自分たちのライフプランを考えることです。

  • 子どもは何年後に欲しいか
  • 旅行は年に何回行きたいか
  • 車や住宅を購入するなら何年後か、そのために必要なローンはどれくらいか
  • 老後の資金はどれくらい貯蓄しておくべきか

など、思いつくことを書き出して、それぞれどのくらいの費用がかかるかを調べてみましょう。

まとめ

収入が今後どのくらいのペースで上がっていくかが分かれば、それも加味しながら「子どもが生まれるまでの新婚生活で、どれくらい貯蓄できるか」をシミュレーションしてみてください。

シミュレーションができれば、「無駄なお金がないか」、そして「●年後には●万円貯蓄できる」、というところまで見えてくるでしょう。

プロにシミュレーションしてもらおう

シミュレーションが大切とはいえ、夫婦ふたりの収入額を見せ合いながら、今後かかるお金や貯蓄額について決めていくのは大変手間の掛かる作業です。

もし、「自分たちだけではちょっと……」と難しく感じるのならば、プロの手を借りてみるのはいかがでしょうか。

『ゼクシィ保険ショップ』は新婚カップルの結婚後のお金について相談したいという声から生まれたサービスです。

  • わが家の家計に無駄はないか
  • 新婚時代に貯蓄を増やす方法を知りたい
  • 結婚を機に保険について見直すべきか知りたい

そんな疑問を持ったら、ぜひゼクシィ保険ショップにご相談ください。

相談は何度でも無料。これからのおふたりにとって最適なライフプラン、マネープランをご提案します。おふたりの結婚後の幸せをサポートしたい、という思いなので、不要な保険商品をすすめされることもありません。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

■この記事を書いた人

田尻宏子
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員第一種資格保有。
証券会社営業、生命保険会社営業サポート、銀行コールセンターなど複数の金融機関へ勤務後、
2016年末から金融記事中心のライターとして活動中。

RT-00284-2111

関連記事

もっと見る

おすすめのマネーセミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら