0120-0941-25 12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝)
無料相談予約をする

子どもにかかるお金、
いつからどのくらい準備が必要?

子どもにかかるお金、いつからどのくらい準備が必要?

0歳から大学卒業までに子どもにかかる教育費はいくらくらいなのでしょうか。それぞれの進学段階や、国公立に進学するか私立に進学するかによって必要な金額が大きく変わってきます。さまざまなケースに対応できるように、いつ、どれくらいのお金が必要になってくるのかを知り、計画的に準備ができるようにしましょう。

すべて国公立でも大学までかかるお金は約800万円

教育費はいくらかかるのか、オール国公立の場合とオール私立の場合で比較すると、かかる費用は、私立は国公立の2倍以上の教育費がかかります。国公立と私立それぞれかかる費用の目安を知っておくといいでしょう。子育て費用は教育費以外にも、食費や被服費、レジャー費などさまざまなお金がかかってきます。教育費は貯蓄できるタイミングを逃さずに貯蓄していくように心掛けてください。

すべて国公立でも大学までかかるお金は約800万円

小学校入学前は、特に幼稚園に入ってからお金がかかります

0歳から幼稚園に入る前は、食費や生活用品費以外にほとんどお金がかかりません。しかし幼稚園に入ると、幼稚園の授業料や給食費、行事にかかるお金など、途端に出費がかさみます。最近は3年間通うのが通常で、国公立に通う場合は、3年間で平均約66万円かかりますが、それが私立ともなると約2倍以上の費用がかかることもあるのです。さらに、この時期に子どもが習い事を始めることも多いようです。家計に負担がかかる時期なので、むやみやたらに習い事を始めたり、ママ友のランチ代にお金を使いすぎたりすると、あっという間に赤字家計に。また、0歳から中学校を卒業するまで児童手当を受け取ることができますが、なるべく使わずに進学資金などのために貯蓄に回すことをおすすめします。

小学生、中学生、高校生と、年齢が上がるにつれて費用がかさむ

国公立の小学校に進学する場合は、6年間ほとんど授業料がかからないので貯め時です。子育て費用は、中学校、高校と学年が上がるほど費用がかかるからです。ただし、私立小学校に進学した場合には高額な授業料がかかります。文部科学省による子どもの学習費調査(平成28年度)では、私立小学校の学習費総額の平均は校内費、校外費合計で年間152万8237円と発表されています。これは 6年間に換算すると900万円強になります。

中学校・高校は、部活動代や受験に向けた塾代がかかるようになります。私立中学校・高校に進学した場合は入学金が必要になるので初年度の出費が大きくなり、学校によっては施設費や寄付金などがかかる場合もあることを覚えておいてください。

小学生、中学生、高校生では、年齢が上がると費用がかさむ

大学費用は一番大きくかかる時期。最低でも300万~400万円も

大学の入学費はかなり大きな出費になります。授業料は国公立か私立か、どの学部に進学するかによっても変わってきます。理系学部は文系学部より設備費などの関係で授業料が高いことが多く、医歯薬系の学部に進学するとさらに高い学費がかかります。小中高とは異なり、大学は約8割の人が私立大学に進学するので、大学進学資金は、最低でも300万~400万円はしっかり用意しておきたいものです。また大学院への進学や、下宿などで1人暮らしをするときの仕送りなどがプラスαでかかることも考えられます。奨学金をもらうこともできますが、その金額はすべて子どもが就職した後の借金となってしまいます。なるべく奨学金に頼らないで済むように、子どもが小さいうちから教育費の貯蓄は意識しておきたいですね。

関連記事

もっと見る

おすすめのマネーセミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら