12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

保険の見直しや基礎知識

Learn the insurance

終身保険の比較方法

終身保険(生命保険)とは

終身保険とは

終身保険とは、保障が一生涯にわたって継続する死亡保険のこと。何歳であろうと、 死亡または所定の高度障害状態になった場合に保険金を受け取ることができる生命保険です。 定期保険と比べると保障金額に対する毎月の保険料が割高ですが、その代わりに途中で解約すると 解約返戻金が出るのが特徴です。保険料の支払い期間とともに解約返戻金の額が増えるため、 保険料の支払い期間が短くて解約すると返戻金はわずかとなります。満期保険金はありませんが、 死亡保障を確保すると同時に、老後の生活資金も確保できる保険といえるでしょう。保険料の支払い方法は、 保険が継続する限り保険料を支払い続ける終身払い、60歳や65歳までの比較的短期間に保険料を払い込む短期払い、 保障期間の保険料をまとめて一度で支払ってしまう一時払い、月払いや年払いで契約したものを一括で前払いする全期前納払いの 4つの方法があります。もちろん、保険料を支払い終わっても、保障は一生涯継続されます。

終身保険をおすすめしたい方

終身保険は保障が一生涯続く保険ですから、「自分の死後、葬式代を残したい」「遺された家族にお金を残したい」という人にはおすすめです。 また、老後の資産形成の手段としても有効。ほかの資産形成手段と比べて、積立期間中には死亡保障がついてくるのが特徴です。 また、終身保険には解約返戻金があり、契約時にその金額も決まっているため、何らかの事情で保険を解約することになっても 掛け捨てにならず、損をした気分にはなりません。ただし、終身保険の掛け金は定期保険などに比べて割高ですので、 契約時にずっと支払いができるかどうかを検討すること。「保険期間」「保険料」「保険料払込期間」「1年ごとの解約返戻金額」を 把握しておけば、計画的に活用することが可能です。また、被保険者が死亡した場合、財産相続で現金が必要となる場合がありますが、 保険金で相続税を支払うことができますので、遺族は安心です。ただし、保険金の支払者や受取人によって保険金にかかる税の種類が 変わるため注意してください。

終身保険の商品の傾向

一般的な終身保険は定額終身保険といいます。保険契約時に「保険金額」「保険解約時の解約返戻金」が約束されており、 契約時に何年後に解約すると××円が戻ってくる」と決まっている保険です。たとえば30歳で契約した終身保険を60歳で解約すると、 30歳の時に保険会社が提示していた返戻金額を受け取れますので、老後の生活資金作りには最適かもしれません。 一般的には60歳を保険満期とすることが多く、60歳で解約を行えば、それまで支払った保険料より解約返戻金のほうが多くなると いわれていますが、「低解約返戻金型終身保険」といった、途中解約返戻金を通常よりも低く抑えることで、 月々の支払いを低くするタイプもありますので注意が必要。また、「積立利率変動型終身保険」と呼ばれる運用利率によって 解約返戻金や死亡保険金が見直される終身保険もあります。「積立利率変動型終身保険」は、金利が上昇していれば多くの積立金や 保険金を受け取ることができますが、通常の終身保険より若干高い保険料になります。

そのほかの保険タイプの比較方法

関連記事

もっと見る

セミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら