0120-0941-25 12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝)
無料相談予約をする

保険の見直しや基礎知識

Learn the insurance

定期保険(生命保険)とは

定期保険とは

定期保険とは、保障期間が一定の死亡保険のこと。10年、15年など決められた保険期間内に死亡または所定の高度障害状態になった場合に保険金を受け取ることができる生命保険です。定期保険は掛け捨てタイプの保険であり、保険期間中に解約した場合、一般に、解約返戻金は全くないか、あってもごくわずかとなります。終身保険などのように貯蓄性はありませんが、掛け捨てであるため保険料の負担が小額で済みます。つまり、少ない負担で、万が一のときに遺された家族にしっかり保障を残してあげられる保険といえるでしょう。保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプが一般的ですが、保険料が一定で、契約後一定期間ごとに保険金額が減っていく逓減定期保険や、保険金額が増えていく逓増定期保険もあります。

定期保険をおすすめしたい方

掛け捨てタイプの定期保険の場合、同じ保険金額の終身保険と比べて保険料が割安になっています。一時的に保障を厚くしたい、一定期間は保険料を抑えたいという人にはおすすめです。たとえば小さな子どもがいる家庭では、子どもが社会人になるまでの間は親の経済的負担と責任は重い時期。将来の教育費なども含めて多くの生活費が必要です。このような場合には、保障が必要となる大切な時期にだけ定期保険を付けて、保障を厚くすることができます。月々の負担は小さくても、万が一のときのために子どもが大きくなるまでの間保障を厚くしておけば、遺された家族も安心ですね。ほかにも、マイホームを購入した場合には、ローンの支払いが終了するまでは生命保険料を低く抑えたいかもしれません。そういったときには定期保険を上手に利用するといいでしょう。一方、掛け捨てをもったいないと思う人や一生涯の保障が欲しい人、満期保険金が欲しい人にはおすすめできません。

定期保険の商品の傾向

定期保険は、保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプが一般的で多いですが、保険料が一定で、契約後一定期間ごとに保険金額が減っていく逓減定期保険や、保険金額が増えていく逓増定期保険があります。本来年齢を重ねるにつれて死亡率が高まるため、保険料は高くなっていくものです。平準定期保険、逓減定期保険、逓増定期保険を比較すると、保険金額が同じならば、保険料は高い順から逓増定期保険、平準定期保険、逓減定期保険となります。また、すべて保険金は一時金の形となり、年金形式で支払われる定期保険が収入保障保険といいます。
※各商品の詳細は、各保険会社の約款としおりをご確認ください。

関連記事

もっと見る

おすすめのマネーセミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら