フリーダイヤル 0120-0941-25 (受付時間:毎日10:00~18:00)
無料相談予約をする

妊娠している人向けの保険

妊娠している人向けの保険

更新日:2020/10/2

出産を機に保険を見直したい方へ

無料の相談予約をする

オンライン相談OK!家計・ライフプランの相談も

新たな命を授かったら、定期健診や突然の入院、出産するときの分娩(ぶんべん)費用など、さまざまな費用がかかります。万が一、帝王切開などをした場合でも医療保険に加入していれば、保険料で賄うことができます。ただし、妊娠中に加入する場合、条件付きであったり、加入できなかったりする場合があるので注意が必要です。

出産にかかる費用は公的保障で大体賄える

出産にかかる費用は公的保障で大体賄える

妊娠~出産までにはさまざまなお金がかかります。

まず、妊娠期間中は、定期的に妊婦健診を受けなくてはなりません。健診は1回当たり5000~1万円程度かかります(健診内容や病院により費用は異なります)。風邪の症状で通院するときの診療費と比べると「高いな」と感じることでしょう。それもそのはず、妊婦健診にかかる費用は健康保険の対象外なので、全額自己負担だからです。

ただし、妊婦健診にかかる費用は、「妊婦健康診査費用助成」という自治体からの助成を受けられます。助成される金額や助成が受けられる健診の回数はお住まいの自治体によって異なりますが、多くの自治体で14回の妊婦健診を助成してくれます。一般的に、妊娠から出産までに受けるべき健診の回数は14回ですので、何らかの問題が生じたときを除き、妊娠中の健診費ほとんどが助成対象になるでしょう。注意点としては、妊婦健診にかかった費用の全額が助成されるわけではなく、妊娠の届け出前に受診した妊婦健診、妊娠判定時の診察、健康保険適用の診察、出産後の健診など、対象外のものもあることを覚えておきましょう。助成の対象となる健診内容や助成額の上限は自治体によって異なります。

さらに、出産にかかる入院・分娩費用も必要になります。正常分娩の場合、「病気」ではないので、健康保険の対象にはならず、入院・分娩費用約50万円(平成28年度公益社団法人 国民健康保険中央会)は全額自己負担となります。ただし、こちらも「出産育児一時金」として健康保険から42万円が助成されます。※全国健康保険協会より2020年8月時点
例えば、ブランド産院のような有名産院を選んだり、個室を希望したり、無痛分娩を選択したり、といった特別なことがなければ、出産時にかかる費用もさほど大きな負担にはならないでしょう。

妊娠~出産までにはお金がかかりますが、公的な助成や保障で大体はカバーできるので安心です。

異常分娩の場合、別途費用がかかる!万が一のときのために、早めに検討を

異常分娩の場合、別途費用がかかる!万が一のときのために、早めに検討を

妊娠~出産にはお金がかかるものの、大方は公的な助成や保障で賄えることがわかりましたが、万が一、切迫早産や帝王切開など、トラブルが起こった際は、別途で費用がかかります。どんなに健康な人でも妊娠・出産に関わるトラブルは予想外のものも多く、誰にでもリスクがあります。

通常の分娩で入院した場合は対象ではありませんが、妊娠・出産のトラブルで入院や手術をした場合には、医療保険の対象となり、入院日数に応じた入院給付金のほか、手術をしたときには手術給付金が受け取れます。そのため、リスクの高まる妊娠・出産の時期には医療保険に入っている方が安心といえるでしょう。

しかし、妊娠してから慌てて医療保険に入ろうと思っても、時期や健康状態によっては加入できないケースもあります。もし加入できたとしても、「妊娠や出産を原因とする手術や入院では給付金が支給されない」といったような条件が付くなど、保障が制限される場合があります。そういった制限があるのでは、肝心の妊娠・出産時の保障が受けられないといった事態になりかねません。女性の場合、早いうちに医療保険を検討し、いざというときに備えておいた方が安心なのはそのためです。将来、子どもを望んでいる人であれば、家計の負担を考えた上で、早めの加入を検討しましょう。

※掲載の情報は2020年9月現在のものです。保険や税制、各種制度に関して将来改正・変更される場合もあります。手続き・届け出の方法も随時変わる可能性や、自治体により異なる場合があります。

■監修・文/酒井 富士子

経済ジャーナリスト/金融メディア専門の編集プロダクション・株式会社回遊舎 代表取締役。
日経ホーム出版社(現日経BP社)にて『日経ウーマン』『日経マネー』副編集長を歴任。
リクルートの『赤すぐ』副編集長を経て、2003年から現職。「お金のことを誰よりもわかりやすく発信」をモットーに、暮らしに役立つ最新情報を解説する。

RT-00317-2009

おすすめのマネーセミナー情報

今知っておきたい「これからのお金」について無料で学べる!

おすすめのマネーセミナー情報

今知っておきたい「これからのお金」について
無料で学べる!

よくある質問

  • Q.妊娠・出産のタイミングで、保険やライフプランニングの検討って必要?
  • A.家族が増えれば、その後のライププランも変わります。そのため、必要なお金、必要な保障についても改めて見直しすタイミングになります。保険は一度入ったら終わりというものではありません。ライフステージに合わせて見直しておくといいでしょう。 現在加入している保障内容は把握していますか?出産後は育児で忙しくなるので、保険について早めに考えて備えておくのがおすすめです。

  • Q.妊娠中は保険に加入できないってほんと?
  • A.妊娠中の保険は、加入はできるけれど、保障範囲が制限されるなど、条件が付くことがほとんどのため、検討する場合は注意しましょう。しかし、保険は妊娠・出産だけでなく、その後の自分や家族のために備えておくもの。今本当に必要な保障は何か、早めに検討しておくといいでしょう。

  • Q.昔入った保険があるのですが、相談に乗ってもらえますか?
  • A.もちろん大丈夫です。現在加入している保険証券(その保険の内容などを記載した書類)をお持ちください。今入っている保険の内容を確認しながら、そのまま継続すべきか、現在の生活に照らし合わせて内容を見直すべきかなどのアドバイスをいたします。

  • Q.保険の知識がなく、何を相談したらいかもわからないけど大丈夫ですか?
  • A.普段なじみのない保険の知識がないのは当たり前。保険の基礎から分かりやすく丁寧にご説明いたします。疑問に思ったことはお気軽にご質問ください。ゼクシィ保険ショップについてはこちら

  • Q.子供の学資保険の相談もできますか?
  • A.はい、学資保険もご相談可能です。それ以外にも貯蓄性のある保険や、ご家族のための保障についてなど、トータルでご相談可能ですので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

  • Q.なぜゼクシィが保険相談サービス?
  • A.ゼクシィ読者への、ゼクシィに期待するサービスについてのアンケートで、お金や保険にまつわるサービスが上位ランクイン。そんなお客様の声から誕生しました。

× 「夫婦のお金を考えてみる本」応募者全員プレゼント!今すぐ申し込む 「夫婦のお金を考えてみる本」応募者全員プレゼント!今すぐ申し込む